事業紹介[SERVICE PROPOSAL]

  • サイト構築(Easy CMS)

    CMSとは

     CMSとは、ブログを操作する感覚で、ホームページを更新できる機能です。代表的な機能としては、

    • 公開日時予約でのコンテンツや記事の公開。
    • 料金表の更新や、写真の入れ替え。
    • スタッフの出退勤管理やコスト計算。

    ■更新作業のクライアントご自身で行えるようになり、スピーディーな情報発信やサイト更新の削減を実現できる

     専門知識や技術を必要とせずにサイトを更新できるため、社内で簡単に情報発信することができます。これにより、制作会社に更新作業を依頼する必要がなくなるため、スピーディーな情報発信や外注コストの削減を実現できます。

    ■サイトの更新頻度を高めることができる

     サイトの更新が簡便化されることにより、スマホなどで写真を撮る、記事を作成するなどすれば、外注コストを気にすることなく頻繁に更新することができます。タイムリーな情報発信は、見込み顧客への訴求力やユーザー満足度を高め、より効果的なサイト運営へとつなげることができます。
     また、更新頻度が上がることで、コンテンツが充実し、SEO的な効果も得ることができます。

    ■インターネット環境とブラウザさえあれば更新できる

     CMSはインターネット上にあるサーバで稼働するシステムのため、パソコンにインストールする必要がありません。 インターネットにつながったデバイスとブラウザさえあれば、時間や場所を選ばず更新することができます。
     また最近では、機能によっては、スマートフォンからも更新も可能です。

    ■率的にwebサイトの更新・管理ができる

     複数の更新担当者にIDを割り振り、複数人でサイト更新・管理ができます。これにより、担当者ごとに、分担してサイト更新を行うことができます。

    CMS料金表

    ■基本料

    20,000円 / 月
    管理画面2機能、出力ページ2ページ、管理ページへのログイン機能を含む

    ■追加料金

    追加コンパネ 10,000円 / 月 1機能
    追加出力ページ 3,000円 / 月 ページ
    会員管理(メール会員など) ¥30,000円~ / 月
    ※メールの実在確認だけでなく、SMSによる、電話番号実在機能などについては、ご相談に応じます。

    追加の管理画面とは

    • CMS基本料金に含まれる3管理画面でも足りない場合、管理画面を追加していただきます。
    • 管理画面は登録する記事やデータなどが違う場合、別の管理画面としてカウントされます。

    ※ただし、記事の管理画面などカテゴリー等を選択できれば、
    ・タイトル(例:製品名)
    ・記事内容(例:製品内容)
    ・アップロードするファイルなど(例:製品写真、カタログ)
    1つの管理画面としてカウントします。

    追加出力ページとは

    • 管理画面で登録したデータを顧客が実際に閲覧するWebサイトに表示する場合にカウントの対象になります。
    • 例えば登録した、製品情報の最新版をトップページに掲載したい場合、トップページが対象となり、追加出力ページは1つ必要になります。
    • 但し、管理画面で登録したデータを表示する製品一覧ページと、その製品の詳細を表示するページは1つとしてカウントします。

    会員管理

    ■機能概要

     ユーザーが、サイトからメールアドレスを入力して、登録メールを受け取り、登録メールにあるURLをアクセスして、パスワードなど、必要事項を登録する形になります。
     登録内容のカスタマイズは、対応可能です。

    メルマガ配信

    別途の見積もりになります。

  • AWS運用(アマゾン・ウェッブ・サービス)

    サーバ構成イメージ

    サーバ構成イメージ

    サーバー構成内容

    サーバー構成内容

    サーバー構成のポイント

    ■設計思想

    • アクセスの負荷状況に応じて容易に、処理機能の加減が可能なクラウドを採用。
    • クラウドは、日本国内で4割のシェアを誇り当社実績も多数あるAWS(Amazon Web Services)を採用。
    • 障害時の切り分けを容易にし、復旧までの時間を短縮意図があります。

    ■ロードバランサー(webサイトへのアクセスを複数のサーバーに振り分け負荷を軽減する機能)

    • ロードバランサー配下の分散サーバーを独自の仕組みでリアルタイムに更新が可能です。
    • 無料のドメイン証明書(SSL)証明書を設定できるALB(アプリケーションロードバランサー)を採用することでコストを最適化いたします。

    ■監視

    • 監視・バックアップ・セキュリティ面で、AWSの機能を使用し、サポートさせていただきます。
    • 障害検知体制およびサービスの復旧まで責任をもって、対応もしくは、ご支援させていただきます。

    サーバー基本容量

    ■複数ドメイン設置可能

    • 複数ドメインを設定可能です。
    • 1グループのサーバー(最大で6~8のサーバーで運用)で、70ドメインの設定実績あり。

    ■記憶容量

    • 容量:Webに20GB、DBに20GB
    • 容量は十分のにあります。通常はWebサイト運用で使い切る事はありません
    • 不足した場合が、オプション対応で追加可能です。

    ■月間転送量

    • 1契約単位300GBまで
    • LPやマイクロサイト、通常の企業Webサイトでは充分に足りる転送量です。
      もし足りない場合はお気軽にご相談ください。
      また、足りない状況になりましたらこちらからもアラート立てさせていただきます。

    ■テスト環境あり

    • CMSなど動的サービスをする場合にも安心です。

    サービス体制

    ■運用サポートあり

    • 電話:24時間対応可能(折り返しになる場合はございます)
    • メール:いつでもお気軽にご相談ください。

    ■バックアップサービスあり

    • 毎日7日分は自動でバックアップしております。

    ■ドメイン取得代行

    • 取得費用
      com:15,000円~
      net:15,000円~
      jp:15,000円~
    • 更新費用
      一部の高額のドメインを除き、com、net、jpなどは、サーバー利用料に含まれます。

    サーバー料金ロードバランサー付き(webサーバーやDBなど、すべてのものに冗長性があります)

    ■type A65,000円 / 月(税抜)~

    • 他のサーバーにあるサイトの影響を全く受けません
    • 独自IP提供
    • webサーバー、管理用サーバーやDBなどすべて独自使用

    ■type B45,000円 / 月(税抜)~

    • 共用IP提供(他のサイトとIPが同じ場合があります。SEOなどには、影響しません。)
    • webサーバー、管理用サーバーやDBなどすべて独自使用
    • 同一IP内のサーバーにトラブルがあると、何らかの影響を受ける場合があります。ただし、影響は、表示が遅くなるなど、限定的です。

    ■type C15,000円 / 月(税抜)~

    • 共用IP提供(他のサイトとIPが同じ場合があります。SEOなどには、影響しません。)
    • webサーバー、管理用サーバーやDBなどすべて共有使用

    サーバー料金サーバー単体専用利用(日々のバックアップのみで、冗長性がありません)

    ■データベースあり 35,000円 / 月(税抜)~

    • WordpressなどCMS導入する場合に必要

    ■データベースなし25,000円 / 月(税抜)~

    • LPなど静的サイトの場合はデータベースが要りません
  • サイト構築のためのコンセプトワーク

    クライアントの業態に合わせた適切なアドバイス

     弊社のシステムを使っていただく事で、日常の業務が楽になるでだけではなく、収益を上げる方法を一緒に検討させていただきます。

    サイトを育てていくための仕組み作り

    WEBサイトは、リリース後の運用を重視しています。
     リリース後の修正や更新などの運用には、意外な費用や時間がかかる場合があります。
     これらに対応するため、独自開発のフレームワーク化されたCMSを駆使し、ブログ感覚で簡単に更新できるユーザー目線に立ったWEBサイトを構築しています。 また、リリース後にサイトのデザインや構成を変更したい場合でも、フレームワークの機能により、多岐に渡る修正・変更をプログラマー必要とせずにデザイナーだけで行えます。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください